石油化学&バイオ燃料

石油化学&バイオ燃料分析

原油は、非常に複雑な炭化水素混合物です。脱塩、蒸留、精製によって、原油をパラフィンや芳香族化合物、ナフテン、オレフィンなどの高品質炭化水素に分留変換します。これらのいわゆるPIANO化合物を様々な比率で配合すると、様々な燃料や潤滑油ができあがります。現在は、化石燃料をバイオ燃料とブレンドすることが、ますます多くなっています。

ブレンドのプロセスも精製のプロセスも非常に難しく、信頼できる正確な分析が必要です。化石燃料を扱うにしろ、バイオ燃料を扱うにしろ、国際標準に従ってそれらを分析する場合は、メトロームが皆さまの専門家となります。

燃料 – パラフィン、芳香族化合物、ナフテン、オレフィン

パラフィン、芳香族化合物、ナフテン、オレフィンは主な石油化学製品群で、揮発性、半揮発性の化石燃料(ガソリン、ディーゼル油など)を作る多くの化合物が、これらの石油化学製品群に由来しています。複雑な組成の燃料は、ラボでも製造工程でも、迅速かつ正確な分析メソッドが要求されます。

さらに詳しく

バイオ燃料

環境へのインパクトを最小限に抑えつつ、食品原料や広い農地を必要としない先進のバイオ燃料テクノロジーの研究が多数行われています。中期的には、次世代のバイオ燃料が、エネルギーの未来を支える可能性があります。このコンテクストに沿って、バイオ燃料の分析が研究開発でも生産でも重要な役割を果たします。

さらに詳しく

潤滑油

潤滑油にはベースオイルのほかに、望みどおりの性質を得るために、幾多の添加剤が含まれています。ベースオイルは、鉱物、人工物、植物由来ですが、添加剤のほうは、主に酸化防止剤、浄化剤、腐食防止剤、増粘剤などが用いられます。潤滑油の化学的・物理的性質を分析する際には、特に添加剤を考慮しなければなりません。

さらに詳しく