SPELC : 分光電気化学測定:電気化学測定と分光測定を統合したソリューション

分光電気化学測定は、電気化学に、UV-Vis、Vis-NIR、ラマン分光法などを1つにまとめた測定法です。メトロームグループのドロップセンス社製SPELECは、バイポテンショスタット/ガルバノスタットに分光計と光源を組み合わせています。検出域の異なるバージョンを各種取り揃えています。
分光電気化学は、電気的に活性な種や酸化還元反応生成物の調査や特定に便利なテクニックです。以下のような分野に利用できます。
  • 新材料の特性評価
  • 光化学エネルギー変換
  • 太陽電池
  • 分析化学
SPELECは、装置&専用ソフトウェア&アクセサリーを統合して提供しています。
SPELECRAMAN for spectroelectrochemical research and experiments

特長

  • バイポテンショスタット/ガルバノスタットと光源を含む分光計を統合

  • UV-Vis、Vis-NIR、ラマンなど様々な検出域や検出技法から選択可能
  • 電気化学および分光分析の両モードを別々に利用可能
  • 光学測定および電気化学測定の完璧な同期のための専用ソフトウェア
  • あらゆる種類の分光電気化学セル、およびスクリーンプリント電極と互換性あり

分光電気化学装置 システム (4)

全分光電気化学装置 システムを表示 (4)

測定をDropView Spelecソフトウェアと常に同期

DropView Spelec ソフトウェアは、直感的な専用ソフトウェアで、測定、データ取り扱い、およびデータ処理を容易にします。

DropView Spelecソフトウェアを用いれば、電気化学曲線およびスペクトルをリアルタイムで表示し、カウント、カウント-ダーク、吸光度、透過率、反射率、ラマンシフトを追跡できます。

データ処理に関しても、プロットの重ね合わせ、ピークの統合および測定、3Dプロット、スペクトルフィルムなど、DropView Spelecには多数の機能があります。

> DropView Spelecについてさらに詳しく

実験に必要なものを標準装備

ドロップセンスは、スクリーンプリント電極を用いて分光電気化学の実験を行うためのアクセサリーを幅広く取り揃えています。適切なセルとスクリーンプリント電極を用いれば、少ないサンプル量で、透過、反射、ラマン分光の実験ができ、フロー分析でも反射実験が容易に行えます。また、スクリーンプリント電極はラマン信号のSERS基板としても利用できます。

> 分光電気化学測定向けせるはこちら

> スクリーンプリント電極はこちら

オートラボのモジューラー式電気化学システム

メトロームでは、モジュラー式のソリューションを用意して、既存の電気化学装置に分光電気化学の装置を追加できるようにします。

オートラボの分光電気化学測定装置では、必要に応じた装置構成が可能です:
  • 2台の分光光度計が利用可能
  • 専用のデューテリウム/ハロゲン光源
  • コンポーネントはすべて、NOVAソフトウェアで制御

> オートラボの分光電気化学装置についてさらに詳しく

Autolab Spectroelectrochemistry Spectrophotometer Light source

超小型ポテンショスタット

スマホサイズで価格も手頃なポテンショスタット / ガルバノスタット

さらに詳しく…

DropView   ソフトウェア

電気化学と光学を組み合わせたSPELECT測定用専用ソフトウェア

さらに詳しく…

スクリーンプリント電極

すばやく多用途で価格も手頃なドロップセンス社製電気化学測定用統合スクリーンプリント電極

さらに詳しく…

電気化学セル

分光電気化学測定用セル

詳しくはこちら…