酸化安定性試験装置

一度の測定で、食品などのサンプルの劣化挙動を評価するのは事実上不可能です。

メトロームでは、天然油脂、脂肪を含む食品や化粧品、バイオディーゼル、PVCなど塩素含有ポリマーの自動促進劣化試験を可能にする酸化安定性試験装置(酸化安定度試験装置、熱安定性試験装置)を開発しました。酸化による分解や熱劣化など、サンプル内で起こっている劣化反応を加温により再現し、劣化速度を大幅に加速させます。酸化安定性度(OSI)としても知られる誘導時間かポリマーの場合は安定時間を測定します。これらは全て、各国標準ならびに国際標準に準拠しています。

StabNet PCソフトウェア

ランシマット用に開発された使い勝手の良い最新ソフトウェアです。直観的な操作と解析、データ管理とセキュリティにも十分考慮されています。

詳細情報はこちら

PTT Chemical Public Company Ltd., (タイランド)

"工場で生産されている添加剤、触媒、顔料、テキスタイル、化学品などの安全評価にメトロームのランシマットを使っています。メトロームの装置は20年以上使っておりますが、信頼性と正確さがあり、サポート体制もしっかりしているので満足しています。"

Nakul Ketkeaw, vice
president of the Laboratory Service Center of PTT Chemical Public Company Ltd., Thailand