tiBase – 自動滴定装置用データベースソフトウェア

データ保存やトレーサビリティは、現代の化学実験室で大変重要です。

tiBaseは使いやすく高い汎用性のあるメトロームのデータベースソフトウェアです。

ティトリーノプラスやTi-タッチシリーズを使用されている場合、このソフトウェアで、測定値、メソッド、装置の設定をコンピュータに保存管理できます。

tiBase CD

特長

  • 測定結果のフルトレーサビリティ
  • データ移行の管理: インポート/エクスポート/再計算
  • 電子署名によるセキュリティの向上
  • 高柔軟性システム:豊富なフォーマットとクライアント/サーバー機能オプション

データの保存

tiBaseソフトウェアを使用することで、自動滴定装置で測定されたデータをコンピュータへ保存できます。

測定結果はデータベースに安全にアーカイブされ、測定結果すべてのトレーサビリティが行えます。また測定結果だけでなく、装置の設定、メソッド、ユーザー情報も保存します。

データの管理

tiBaseは測定データの保存だけでなく、データ管理にも威力を発揮します。

TiBaseは、測定データを検索、フィルタリングすることができるため、作業を大幅に容易にします。さらに、必要な情報だけを組み込んでカスタマイズしたレポートを作成できます。

tiBaseは、クライアント/サーバーネットワークに統合することもできるため、一元的にデータを管理することが可能です。 

Reprocess your data

With tiBase, you can also reprocess data.

This is particularly helpful if you wish to correct the sample weight or use a different formula to calculate results, for example.

It goes without saying that all the changes that are made to a determination are recorded and that the original determination can be restored – tiBase gives you the freedom to modify determinations and the confidence that no data is lost.

Protect your data

Data stored in tiBase are secure.

This is achieved with a two-level electronic signature function. Once a determination has been signed on both levels, it is protected against further manipulation.

Exchange your data

The determinations are automatically imported into tiBase when a USB flash drive or CompactFlash card containing determinations is connected to the computer.

Data export from tiBase is straightforward and available in various formats for further processing in Microsoft Office applications.

Downloads