VoltICプロフェッショナル:VAとICによる総合イオン分析

VoltICプロフェッショナルは、イオンクロマトグラフィーとボルタンメトリーを1台のパワフルなシステムに統合し、イオンのトレースアナリシスに対応しました。

VAによる遷移金属の分析と、ICによる陰イオンおよび陽イオンの分析を完全自動化で同時に行えるので、時間とコストが大幅に節約できます。

VoltIC with operator

特長

  • ICとボルタンメトリーのそれぞれの強みを活かし1台のシステムに統合
  • サンプルチェンジャーを接続すれば最大56サンプルまで完全自動分析

  • 操作はMagIC Net ソフトウェア一つで可能


  • 結果は1つのデータベース上で表示&管理

これ1台で総合的なイオン分析を実現

VoltICプロフェッショナルでは、IC[分析とCVSを含むボVA技術(ボルタンメトリーテクニック)を利用した分析が1台で同時に行えます。

したがって、アプリケーションに総合的なトレースアナリシスが含まれている場合や、めっき浴中のイオンに加えて有機添加剤の測定を行う場合も、VoltICならこれ1台で対応できます。

サンプルの前処理時間を短縮

イオンクロマトグラフでもVAでも、サンプルは同一容器から供給されます。

つまり、サンプルはいったん前処理をすれば、ICとVAの両方の分析に使用できます。

1つのソフトウェアで操作とデータ管理もマネジメント

VoltICプロフェッショナルシステムは、実績のある MagIC Net PCソフトウェアで操作します。

VA分析とIC分析の測定結果はすべて、ソフトウェア内の専用データベースに集められ、両分析は複合レポートの形で表示、出力します。

オートサンプラは共有

VoltICプロフェッショナルシステムでは、VAユニットとICユニットがオートサンプラを共有し、サンプラが両ユニットにサンプルを供給します。

このため、VA分析とIC分析を別々の装置で行うよりも効率がよく、コストを節約できます。オートサンプラは、最大56サンプルまで対応しています。

できるアプリケーションの範囲が大きく拡大

IC分析とVA分析を組み合わせたことにより、アプリケーションは広範囲に拡大します。以下はその一例です。

  • 環境分野 : 水の陰イオン、陽イオン、遷移金属を同時分析
  • 電子機器製造分野 : 酸性銅めっき浴中のCVSによる光沢剤の測定とSPSコンポーネントIC分析
  • 電力業界 : ボイラー水などの循環水に含まれる陰イオンや鉄分の分析